窓ガラス用遮熱塗料エコウィンドウコートとは?

Eco Window Coat(エコウィンドウコート)とは、窓ガラス用遮熱塗料の商品名になります。 一般的に今まで窓ガラスの暑さ対策としてはフィルムが広く活用されて来ました。 フィルムにはフィルムの長所もありますが、短所もあります。 フィルムの短所を解決する為に開発されたのが、この窓ガラス用遮熱塗料です。

Eco Window Coatの仕組み

この「窓ガラス用遮熱塗料」の中には「紫外線吸収剤」と「赤外線吸収剤」が入っています。「窓ガラス用遮熱塗料」がガラス表面(内側または外側)に塗られると、ガラス表面にこの「紫外線吸収剤」と「赤外線吸収剤」を内包した膜を作ります。
この膜で太陽からの日射に存在する「紫外線」と「赤外線」の一部がそれぞれ「吸収剤」に吸収されます。
そして、吸収された「紫外線」、「赤外線」は熱に変わります。
ですから、膜の温度は上昇し、その温度がガラスにも伝わり、窓ガラス全体が熱くなります。
何も加工していない未施工のガラスに比べて、「窓ガラス用遮熱塗料」を施工したガラスの温度が高くなるのは、こういう理由によります。
この高くなった熱は空気中に再放射されます。一部は室内へ、そして残りは室外へと放射されます。
室外に放射された熱量分が、何もしない場合よりも、その熱量が室内に入るのを防いでいる為、室内の温度上昇を抑制し、遮熱効果を持つというわけです。

紫外線95%以上カット、近赤外線(30~99%)カット

『涼しい日向、明るい日陰』を化学の力で実現しました。 この「窓ガラス用遮熱塗料」は1995年世界で初めて、日本で開発されました。 今では目にすることが少なくなりました電話ボックスのガラスに、コーティングする事が目的でした。 そもそも電話ボックスには暑さ対策として「フィルム」が利用されていましたが、「フィルム」そのものは鉛筆硬度もH~2Hと比較的軟らかく、キズ、剥がれ等の問題が生じ、「フィルム」よりも傷つき難い素材の開発という課題からの出発でした。 その技術が現在、窓ガラス用遮熱塗料として世に広まっています。その中でもスマートコートは開発者の継続的な研究のもと、

1. ガラスとの高密着性、耐久性、耐候性を持つ塗膜の開発、
2. 高い耐久性、耐候性を有する紫外線吸収剤の開発、
3. 効率よく日射熱を遮る赤外線吸収剤の開発
以上の3つの点において改良されたものになります。

平成19・20年度 環境技術実証モデル事業
ヒートアイランド対策技術分野 環境省(財団法人建材試験センター)実証試験結果 

従来使用されてきたフィルムの問題点

• 硬度がH~2Hと低く、傷つきやすい。
• 一度傷つくとその傷口がドンドン拡がりやすい。
• フィルム自身に厚みがあるため熱がこもり易い。
• 広い面積の窓だと継ぎ目が入り、見た目が良くない。
• 剥がす際にも費用が発生する。(2,000~5,000円/m²)
• 経年劣化が早く(6~8年)、貼り直し等に再度手間と費用が発生する。
• ポスター、チラシをセロテープで貼った後、剥がす際にセロテープの粘着でフィルムの表面が剥がれ、見た目が悪くなる。
• 反射機能もある為、夕方店内の光量と店外の光量がバランスする時間において外から店内が見えなくなりお客様がお店が閉まっているものと勘違いしクレームとなる。
• 火災時にガスを発生し、人体に好ましくない。

硬い塗膜

塗膜の基盤がSiO2となり、完全に無機の、ガラスと同じ組成となります。
ですから基盤自体も劣化が無く、ガラスとの密着性も高い、硬い基盤が形成されます。


耐候性・耐久性の高いUV吸収剤

一般的なUV吸収剤は低分子のものが使用されています。この低分子UV吸収剤は紫外線に当たると揮散してしまい機能の劣化が早いのが特徴です。「スマートコート®(登録番号 第5114806号)」は長年の研究の成果により、高分子化したUV吸収官能基を利用しています。高分子化することで揮散を無くし、耐候性・耐久性を格段に向上致しました。


近赤外線カット率の高い赤外線吸収剤

太陽光の日射熱を効率的に遮断するには近赤外線領域の波長をコントロールする必要があります。弊社ではこの機能を有する複数の機能剤(赤外線吸収剤)を準備しており、お客様のご要望をお伺いしながら適切な商品を提案させて頂いています。

塗膜と各機能剤が化学結合し強固な構造を維持

上記SiO2の基盤に、シロキサン結合によりUV吸収剤と赤外線吸収剤を化学的に結合しています。
ですから塗膜全体としましても、硬度も高く(鉛筆硬度6H)、化学的にも安定した、かつ、ガラスとの密着性も高い耐候性・耐久性に優れた塗膜が形成されます。

以上、「eco window coat」を十分にご理解頂く為に、「eco window coat」と競合商品の比較を行ないながら説明させて頂きました、「eco window coat」の最大のメリットは性能はもとより、その耐久性・耐候性にあります。
短期でお店を閉める等、長期間の性能維持を必要としない方については、最大のメリットが提供できません。
是非、十分な情報をもとに、ジックリと吟味して頂き、結論をだされてはと思います。